松木歯科医院

歯科 右京区。京都市右京区西京極の歯医者なら松木歯科医院

ネット予約はこちら

 

当院について

診療内容

その他

HOME»  よくあるQ & A

よくあるQ & A

Q1.むし歯はどうしてできるの?

A1.むし歯は口の中(主に歯垢)の細菌が食物に含まれる糖を栄養として、ねばねばした酸を作り出し、この酸が歯の表面を溶かすことから始まります。

 

Q2.むし歯はなぜひどくなって発見されることが多いの?

A2.それは歯の構造と関係があります。歯は外側からエナメル質・象牙質・歯髄(神経や血管が詰まっている)の3層からできています。むし歯はエナメル質(人体の中で最も硬い)より柔らかい象牙質に達すると急激に進行が早くなります。その為歯の表層より中の方で大きなむし歯になっている事が多く発見されにくいのです。

 

Q3.歯の痛みの種類とその原因とは?

A3.歯の痛みはむし歯の進行により違ってきます。まず冷たいものや歯ブラシで歯の根元が少ししみる場合には知覚過敏が考えられます。次に甘いものや冷たいものがよくしみる場合にはむし歯が神経の近くまで進んでいる可能性があります。逆に熱いものがしみる場合には神経が腐りかけているか、化膿している場合があります。むし歯がさらに進んで神経まで進んだり、根元まで進んでバイ菌が感染すると何もしない時でも強い痛みが出ます。その他物を咬んで歯が痛む場合には、歯周病で歯がぐらぐらになっているか、詰め物や被せ物が高く他の歯より過重負担になっている可能性があります。

 

Q4.知覚過敏とは?

A4.知覚過敏とは、歯みがきや冷たい物を飲んだ時に歯がしみて痛みが出る症状をいいます。原因は強いブラッシングによりエナメル質が摩耗したり、又歯ぎしりや咬み合わせが悪い場合にエナメル質が削られたり、剥がれたりして起こります。治療法は
①知覚過敏用の歯磨剤(シュミテクト)を使用する
②歯の表面を薬剤でコーティングする
③歯を削り樹脂を詰める
④神経を抜く等です。

 

Q5.COとは?

A5.COとは歯の表面エナメル質が50ミクロン程溶け出した状態(脱灰)をいいます。
この段階では正しくブラッシングをすることにより再石灰化して健全なエナメルを取り戻すことができます。この時フッ素入り歯磨剤を合わせて使うとより効果が得られます。

 

Q6.むし歯はいつできるの?

A6.むし歯は主に夜寝ている間にできることが多いのです。これは食べ物の残りカスを洗い流したり、細菌が作り出した酸を中和するだ液の分泌が減少するからです。

 

Q7.だ液の重要な役割とは?

A7.だ液には口の中の細菌を除去したり、酸を中和する働きの他、だ液中のカルシウムやリンが溶け出した歯の表面に付着して再石灰化する働きがあります。

 

Q8.前歯に部分入れ歯が入っていてしゃべりづらいのですが?

A8.前歯の場合、真ん中4本歯が抜けていても、固定式の差し歯が保険治療でできます(ただし奥歯の残存状態によっては不可)。部分入れ歯を固定式の差し歯にすることにより、違和感・発音などがかなり改善されると思います。

 

Q9.保険治療と自費治療はどう違うの?

A9.使用する金属や、金属の上に盛る白い材質が全く違います。保険では銀色の金属や白い材料がプラスチックしか使用できませんが、保険外では、錆びない金や白金の他、セラミックやハイブリッドが使用できます。

 

Q10.保険治療と自費治療の前歯の被せ物のもちはどう違うの?

A10.保険治療の前歯の場合、年数が経つと、つやがなくなったり変色したりすることがありますが、セラミックの前歯はそういったことは全くありません。

 

Q11.奥歯も白くしたいのですが…

A11.ジルコニアを内冠としたオールセラミック冠あるいはハイブリッド冠は天然歯と同等かそれ以上の強度があり、審美性にもすぐれたものができます。

 

Q12.e-maxセラミックインレー

A12.e-maxセラミックインレーとは、これまでの割れやすいという欠点をなくした最新のセラミックインレーです。その特徴は高精度のプレス法で作られ、強度があり適合性も非常にすぐれています。天然歯に近い透明感があり、装着した後はどこに詰め物があるかわからない位です。

 

Q13.新しい入れ歯治療とはどのようなものがありますか?

A13.痛みを緩和し吸着力を増すシリコン義歯・入れ歯を支えるバネのない審美性に優れたスマイルデンチャー・アタッチメント義歯などがあります。詳しくは入れ歯治療専門サイトを参照してください。

 

Q14.ホワイトニングとは? その種類は?

A14.オフィスホワイトニングとホームホワイトニングがあります。オフィスホワイトニングは歯科医院で過酸化水素という漂白剤を使って歯を白くする方法です。短期間で歯を白くできる反面、知覚過敏が出たり、持続効果が短いなどの欠点があります。ホームホワイトニングは患者さんが自宅で専用のトレーに過酸化尿素という漂白剤を入れて行なう方法です。オフィスホワイトニングと比べて期間がかかる欠点はありますが、知覚過敏が出にくく、透明感のある自然な白さになります。

 

Q15.ホワイトニングの効果はどれくらい持続するの?

A15.持続効果は個人差もありますが、一般的に2~3年程度です。効果を持続させるには定期的にホワイトニングを繰り返し行なう必要があります。

 

Q16.レーザー治療は痛くないのですか?

A16.口内炎治療の場合など、最初に少し痛みが出る事もありますが、ほとんどの治療で痛みを感じることはありません。

 

Q17.歯周炎(歯槽膿漏)とは?

A17.歯周炎とは歯と歯ぐきの間の病的な溝(歯周ポケット)にたまった細菌が毒素を出し、その毒素が歯の周囲の骨を溶かす慢性の病気です。歯ぐきからの出血・排膿・歯の動揺等が起こります。

 

Q18.歯石とは

A18.歯石は歯垢と唾液中のカルシウム等がくっついて石灰化したもので、歯肉縁上歯石と歯肉縁下歯石とがあります。歯肉縁上歯石は一般に黄白色で、スケーリング(除石)によって簡単に除去できますが、歯肉縁下歯石は褐色や暗褐色をしていて、セメント質に強固に付着していて簡単に除去できない為、歯肉を傷つけ歯肉炎の原因になります。

 

Q19.歯肉炎と歯周炎(歯槽膿漏)の違いとは?

A19.歯周病は歯肉炎と歯周炎に分類することができます。歯肉炎は発赤や腫れなどの炎症が歯肉に限局しているのに対し、歯周炎は歯を支えている歯槽骨まで及び、歯の動揺が起こってきます。このように歯肉炎と歯周炎との大きな違いは、歯を支えている歯槽骨が正常か、炎症が及んでなくなっているかです

 

Q20.糖尿病と歯周病の関係

A20.糖尿病になると、身体の抵抗力が低下しさまざまな感染症にかかりやすくなります。口腔内においても、だ液の分泌量の減少、歯周組織抵抗力低下、末梢血管障害等により、歯周病原菌に感染しやすくなりその為に歯周病になりやすく、又治りにくくなったりします。そして歯周病になると糖尿病の症状が悪化することも最近明らかになってきました。このように歯周病と糖尿病は相互に悪影響を及ぼしあっています。

 

Q21.歯周病にならないためにはどうすればいいの?

A21.歯周病の大きな原因の1つが歯垢(細菌の塊)です。その為家庭でのブラッシングで歯垢除去をしっかり行なうことと、歯科医院での定期的な検査・ブラッシング指導・歯石除去等の専門的な治療を受ける事が重要です。

 

Q22.むし歯予防物質にはどのようなものがありますか?又その働きとは?

A22.フッ素・キシリトール・リカルデント等があります。フッ素は歯質を強化する働きの他、歯垢が作る酸を抑えたり、カルシウムの再沈着(再石灰化)を促進する働きがあります。キシリトールは分解されても酸を発生させない甘味料で、歯の再石灰化の促進、虫歯菌の成長抑制等の働きがあります。リカルデントは牛乳タンパク由来の抗う蝕物質で歯の脱灰(むし歯の初期発生)を抑制する働きや再石灰化を促進する働きがあります。

 

ご予約はお電話にてお願いします TEL:075-321-0091