松木歯科医院

歯科 右京区。京都市右京区西京極の歯医者なら松木歯科医院

ネット予約はこちら

 

当院について

診療内容

その他

HOME»  歯周病治療

歯周病治療

歯周病ってどんな病気?

歯周病ってどんな病気?

歯周病(歯槽膿漏)とは、歯を支えている骨(歯槽骨)が細菌(歯周病菌)の出す毒素によって溶けていく病気です。
歯が長くなる、歯が揺れる、冷たいものが しみる、お口がねばねばする、口臭がする、などの症状がみられ、最後には歯が抜けてしまいます。
日本人が歯を失う一番の原因が歯周病(歯槽膿漏)で、成人の80%が罹患しているといわれます。
毎日のお手入れが充分でないと、時間の経過に伴い、歯周病が起きやすくなるのです。
現在、成人の約8割はこの歯周病の予備軍であるといわれています。
不快感や痛みなどをほとんど感じないまま進行するため、知らないうちに悪化して気づいたときはすっかり手遅れ…というケースも決して珍しくありません。
しかし、歯周病は決して単なる老化現象というわけではなく、毎日のセルフケアをしっかり行うことで充分に防げる病気なのです。

 

正常な歯と歯周病の歯

正常な歯は、歯槽骨が歯根(歯の根っこ部分)全体を取り囲み、歯ぐきが引き締まっている状態で、歯が動揺する(ぐらぐらする)事がありません。また、歯と歯ぐきとの溝が浅く少々の刺激では出血することもありません。歯周病の歯は、歯周ポケット(歯と歯肉の溝)にたまった食べかすをプラーク(ばい菌の塊)が分解、腐敗させ毒素を排出し、骨を破壊させたり、口臭を発生させます。

 

正常な歯と歯周病の歯

 

歯周病治療の流れ

STEP1 諸検査

骨破壊の状態、歯周ポケットの深さ、炎症の有無、プラークコントロールが出来ているかどうかの検査をします。

 

STEP2 治療計画

検査をもとにこれからの治療計画をご説明します。何でもご相談ください。

 

STEP3 スケーリング

歯についた歯石を「スケーラー」と呼ばれる器具を用いて取り除きます。歯石の付着度合いにより異なりますが、1~6回に分けて行います。

 

STEP4 歯周ポケットと出血の検査

炎症度合いが中度以上の患者様の治療

 

STEP5 スケーリングルートプレーニング

歯肉の奥深い所迄、歯石が付着している場合に行います。ルートプレーニングを必要とするこの段階の歯牙は、既に強い毒素を持つバイオフィルムが形成されています。この治療により歯石除去とバイオフィルムの破壊を同時に行っていきます。

 

STEP6 歯周外科

歯周病が進行している場合は歯周外科処置も行います。

 

STEP7 定期的なPMTC

磨けていないとことを特殊な機械で磨きます。バイオフィルムの破壊に効果的です。人によって異なりますが、1~3ヶ月に一度行う必要あります。

 

ご予約はお電話にてお願いします TEL:075-321-0091