松木歯科医院

歯科 右京区。京都市右京区西京極の歯医者なら松木歯科医院

ネット予約はこちら

 

当院について

診療内容

その他

HOME»  小児歯科

小児歯科

小児歯科

子供の歯“どうせ永久歯にかわるのでむし歯になってもかまわない“と思われてませんか?
実は子供の歯は、大人になってからのかみ合わせ・歯並び・顎の発育に大きく影響します。
例えば、子供の歯がむし歯になっていると、大人の歯が本来と違う位置にはえてきたり、はえてきても前に移動したり、また子供の歯が痛くて噛めなければ顎が大きくなりません。
その他、指しゃぶりなどの癖も大きく歯ならびに影響します。歯並びや噛みあわせが悪いとコンプレックスになったり、むし歯になりやすかったりしますので、子供の歯はお子様の将来に大きな影響を及ぼしています。
お子様の歯に適切な治療を施し、正しい成長を促すのが小児歯科です。当院の小児歯科では、虫歯治療、フッ素塗布、予防充項の他、虫歯予防物質の上手な利用法を指導します。

 

フッ素塗布でむし歯予防

フッ素を歯の表面に塗ることで、歯の表面のエナメル質を守り、むし歯菌(ミュータンス菌)の酸を作る働きを抑え、初期むし歯の修復し、むし歯になりにくい強い歯を作ります。
むし歯予防や、小さなお子様の初期むし歯におすすめの処置方法です。
フッ素の効果を持続させるためには3~6か月に一度受けることをおすすめします。

 

フッ素塗布でむし歯予防

 

フッ素塗布でむし歯予防

 

予防充填(シーラント)でむし歯予防

歯には多数の溝があり、そこには食べ物が残りやすく虫歯の原因となります。このむし歯になりやすい奥歯の溝に、あらかじめ詰め物(フッ素入りのプラスチック系のレジン)を施してむし歯を防ぐ方法が予防充填(シーラント)です。
6歳前後に生えてくる永久歯(六歳臼歯)はむし歯になりやすいため、特にこの方法が有効です。
生えたての未熟な歯がむし歯になるのを防ぎます。

 

予防充填(シーラント)でむし歯予防

 

ご予約はお電話にてお願いします TEL:075-321-0091